Contact    Imprint

VITRONIC Dr.-Ing. Stein Bildverarbeitungssysteme GmbH

Newsletter Industrial Automation 01/2017

七月 2017

Dear readers,

溶接シームの最小欠陥でさえ重大な結果を招くことになりかねないため、自動車業界では VIRO WSI を頼りにする企業が国際的に増加しています。自動化された溶接シーム検査は完結したオートメーションへの道を開くだけでなく、100%の品質管理のおかげで、さらに統一された高い品質基準をも可能にします。

当ニュースレターでは VIRO WSI に関する興味深い新情報や、貴社のプロセスをもっと効率的にする方法をご紹介します。

どうぞ VITRONIC のニュースレターをお楽しみください。

テーマ概要

新規格の基準 – VIRO WSIにおける非常に良い事業展開

ハイグレードな品質保証システムとオートメーションソリューションの需要が世界的に高まる中、VITRONIC 溶接シーム検査 VIRO WSI の売上は、特に海外市場で明確な成長の一途を辿っています。既に2016年には日本の大手自動車部品サプライヤーが、総額100万ユーロに及ぶ20以上の光学的検証システムを発注しました。このプロジェクトでは車軸パーツの自動溶接シーム検査が問題でした。VITRONIC は欠陥のあるシームの即自動リワークを含めた解決策を実現しました。

それによって、VITRONIC の自動マシンビジョンタスクシステムは、自動車産業において世界的に、さらなる効率的なプロセスと新たな品質基準 – まさに「新規格の基準」 - を提供することになったのです。

このポジティブな進展は、販売チームの拡充へとつながりました。VITRONIC はメキシコの新たな販売スタッフとイタリアの販売パートナーシップを喜ばしく思っています。

現在、世界中で合わせて300以上のVITRONIC 溶接シーム検査システムが、大手の自動車メーカーや部品サプライヤーで採用されています。 

自動車業界における新たな市場ポテンシャル

イタリア企業TE.COM との販売連携

自動車産業界でコンサルティングやサービス代理業務を提供するイタリア企業の TE.COM - 産業&環境ソリューションズ - が、VITRONIC マシンビジョンタスクシステム社の新たな販売パートナーです。
VITRONIC はこの新たなパートナーとの連携を通して、イタリア自動車産業における自動品質検査の領域で、その存在感をはっきりと増していきます。ここでの焦点は、自動溶接シーム検査システム VIRO WSI と、エンジンブロック、シリンダーヘッド、そしてガスケットの表面・ジオメトリ検査向けのVINSPECマシンビジョンタスクソリューションの、それぞれの商業化に置かれます。加えて、全てのロボット検査システムもワンストップでお届けすることが可能です。

TE.COM について
1982年ドットーレ・ジュゼッペ・コラーによる設立以来、トリノに社を置き、自動車業界でイタリア市場への進出を目指す国際企業に対して、仲介者あるいはコンサルタントとして活動しています。
2000年初頭に TE.COM は活動領域を環境と品質へと拡大しました。

VIRO WSI – さらなる効率性に向けた革新

リワークのための対話型可視化端末

VIRO WSI システムは手動によるリワークのために可視化ステーションをオプションで提供しています。そこでは、パーツそれぞれの溶接シームの検査結果が作業員にわかりやすく表示されます。さらに、作業員は完了したリワークをシステムに入力し、検査結果と共に記録することができます。

一般的には、複数の VIRO WSI システムが制作工程に沿って一列に配置されます。その場合、組み合わされたパーツに関するあらゆる検証結果が、可視化端末にわかりやすく表示されるという大きなメリットがあります。
手動によるリワークのための可視化ステーションの他にも、VIRO WSI システムは自動リワークに必要なデータを用意することが可能です。

一貫したオートメーションのための自動リワーク

不可欠な手動作業に中断されることのない一貫したオートメーションには、VIRO WSI システム用に新たに開発された分類器をオプションで提供しています。この分類器は、自動リワークへの可能性を鑑みて検出された変動や欠陥を区分けして、溶接ロボットへ適切なリワークパラメーターを伝達します。それにより自動リワークが検査・リワークブースで直接実施され、その後 VIRO WSI によって改めて検査されます。

さらなる詳細は当社販売スタッフへお問い合わせください。
Dr. Peter Daniel peter.daniel(at)vitronic.com
Julian Martini julian.martini(at)vitronic.com

イベント / 見本市 / 講演

SCHWEISSEN & SCHNEIDEN – 溶接&切断、ドイツ、デュッセルドルフ、2017年9月25日〜29日

VITRONIC は検査システム VIRO WSI とその広範な可能性を、2017年9月25日から29日にデュッセルドルフで開催されるSCHWEISSEN & SCHNEIDEN の展示会場 - ホール13ブースD15 - でご紹介します。

ROBOT WELDING CONTEST

SCHWEISSEN & SCHNEIDEN の枠内で開催される DVS Robot Welding Contest では、溶接結果評価向けの客観的な検査方法として VIRO WSI システムが展示されます。こちらもホール13です。

DVS CONGRESS

並行して開催される DVS Congress では、当社セールスマネージャーのペーター・ダニエル博士が「自動3D検査、分類、溶接シームのリワーク」というテーマで講演を予定しています。2017年9月28日(木)14:30、イベントルームR

FABTECH、アメリカ、シカゴ、2017年11月6日〜9日

今年もまた、当社アメリカ市場 VIRO WSI 担当セールスマネージャーのクリス・ヴォーラが、シカゴで開催される FABTECH で自動検査ソリューションをご紹介します。

VITRONIC Dr.-Ing. Stein Bildverarbeitungssysteme GmbH

Hasengartenstraße 14
65189 Wiesbaden
Germany

Phone + 49 0611 7152 0
Fax + 49 0611 7152 133
www.vitronic.com
sales@vitronic.com

Management Board:

Dr.-Ing. Norbert Stein, Gerhard Bär, Dr. Heiko Frohn, Birgitt Stein, Matthias Pörner, Daniel Scholz-Stein
Court of Reg.: Wiesbaden, HRB Wiesbaden 6119
Editorial Staff: Daniel Scholz-Stein (V.i.S.d.P.)

ネットワーク:
ソーシャルメディアを通じて、工業用マシンビジョンの最新情報をチェックいただけます。また、関心のあるコンタクトからネットワークを広げることができます。.